南丹市介護用品、ウォーキングシューズ、ケアシューズ、シルバーカー、ポールウォーキング用品を多数取り揃えております。

取扱いブランド

  • HOME »
  • 取扱いブランド

ニューバランス

1906年米国ボストンでハイアーチ、扁平足を治す矯正靴のメーカーとして設立。かぎ爪をモチーフにしたアーチサポートや矯正靴がユーザーから高い評価を得ると、一般のシューズにも応用されるようになる。その後、ランニングシューズに展開していき足幅(ウィズ)を選べる靴を販売するなどランナーからも支持を得る。

ウォーキングシューズをとしては靴幅が選べるので、より自分の足に合った靴を選びやすくなります。また、ランニングシューズからの技術のフィードバックがあり、機能的にも優れたウォーキングシューズがあります。

アシックス

鬼塚喜八郎が独立を胸に、当時市場に不足していた学童用ズック靴の生産販売を決意。1949年3月に神戸市に鬼塚商会を創業。アシックスの社名の由来となった「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ("Anima Sana in Corpore Sano")」という帝政ローマ時代の風刺作家ユベナリスの言葉に鬼塚喜八郎は感銘を受け、スポーツによる健全な青少年の育成を目的に、本格的にスポーツシューズを作る動機付けとなった。オニツカ株式会社、株式会社ジィティオ、ジェレンク株式会社の3社が対等合併し、総合スポーツ用品メーカー「株式会社アシックス」が発足。「総合スポーツ用品メーカーとして世界のスポーツ文化に貢献する」には「スポーツを通じて世界の人々が健康で幸福な生活を送ってほしい。また、私たちはそのお手伝いをしたい」という強い願いが込められている。

アシックスのウォーキングシューズは幅広のモデルが主となっています。脱ぎやすさ、履きやすさにこだわり、ファスナータイプのモデルが多い。足の親指が長い方にも対応したオブリークモデルがあります。

カルフ

1916年北欧フィンランドの首都、ヘルシンキでスポーツシューズブランド「カルフ」は誕生しました。その名はフィンランド語で「熊」を意味します。小さな木材加工の工房からスタートした当初は、スキーの板や陸上競技の槍などを手掛けていました。その後ランニングスパイクの開発を始めました。1952年にはヘルシンキオリンピックでカルフを履いたフィンランドナショナルチームが大活躍し、トップアスリートがカルフをこぞって使用するようになり、今では競技用からタウンユースまで幅広く世界中で愛されるブランドになりました。

北欧のメーカなので、色使いが上手いシューズが多いです。見た目だけでなく、履き心地も良くタウンユースからフィットネスウォーキングまで使えるモデルが揃っています。

ビルケンシュトック

1774年以来、フットベッドの生みの親であるビルケンシュトックは、お客様の生活をいかに快適で充実したものに出来るか、試行錯誤を続けてきました。 人権や環境への配慮を欠いた条件下で大量生産された、安価な製品が市場に氾濫する中でも、ビルケンシュトックは常に本物をお客様にお届けすることで、品質にこだわる方々へワンランク上の靴を提供し続けています。そのためにビルケンシュトックの製品は、理想的な条件が整ったドイツ国内の自社工場で製造され、その多くの過程は手作業で行われています。サンダルはそれぞれ17工程を、シューズは完成までに職人達が100以上の作業を行って製造されます。 シューズはポルトガルで、何世紀も渡り守られてきた伝統の手法で製作されます。職人の手作業、工場での製造を問わず、全てのビルケンシュトック製品は世界市場の中でも最上級の品質を誇ります。 ビルケンシュトックは加工同様、使用される素材(コルク、天然ゴム、銅、真鍮、ウールフェルト、ハイグレードレザー)にも妥協する事はありません。 原材料にはサスティナブルな資源が利用されており、これらの原料は可能な限り、ヨーロッパで買い付けられています。

脱ぎ履きの多い日本の住環境では、サンダルを履く日常生活があります。そこで、足に合っていない、作りに問題のあるサンダルを履いてコケて骨折したという話を聞くことがあります。日常生活で必要になるサンダルをこだわりを持って選んでもらいたいです。

お気軽にお問い合わせください TEL 0771-62-2882 9:00~18:00[土・日・祝日は不定休]

PAGETOP
Copyright © 有限会社いなふ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.